【おさんぽ茅ヶ崎】Vol.5 早起きしておさんぽ茅ヶ崎を楽しむ。

茅ヶ崎を含む湘南界隈を中心に、遠くは東京、栃木などの食農水産関連情報を魅力的に発信する「湘南くいだおれー」(ブログ)。この辺りでおいしいものが好きな人ならご存知のはず!

食べ物への愛、地元への愛をひしひしと感じるこのブログを運営するのは、茅ヶ崎在住のフリーライター、北條尚子さん。茅ヶ崎への愛がどんどん膨らんで、いよいよ「食と農のポータルサイト おいしい茅ヶ崎」でも自らの舌と足で収集した、とっておき情報を紹介してくれます!

自転車で市内を縦横無尽に走り回る北條さん。おすすめのスポットをつぎから次へ渡り歩きます。みなさんもぜひ、コースをたどってみてください!


北條尚子 プロフィール
icon
湘南くいだおれー」(ブログ)を運営する、茅ヶ崎在住のフリーライター。個人のブログとしては、湘南地域の美味しいものに特化した先駆け的ブログ。ライターとしてのキャリアは25年、雑誌ananや、ぐるなびのWEBコンテンツでの執筆、シェフやミュージシャンへのインタビューにも定評があります。

湘南くいだおれー http://chigasaki.blog.jp


stitle_vol5

毎朝6時半から焼きたてパンが食べられるベーカリー。

B-grotto(ビーグロット)

https://twitter.com/grotto4
茅ヶ崎市東海岸北1-5-4 サザングランドハイツB1F
電話 0467-81-3994
営業時間 6:30-18:00
日曜日、第三木曜日定休

 B-grotto
[1]お店の目印。地下に降りてください。/[2]毎日11時前後にほとんどのパンが焼きあがります。/[3]角食パンの棚。既に予約だけで売り切れるものも。/[4][5][6][7][8]どれもおいしそう! フランス風オープンサンドのタルティーヌもできたてです。現在の人気ナンバーワンは、レーズンとクリームチーズのパン。[9]オーナーシェフの石井さん。連日夜中から作業をされています。/[10]人気ベスト3がこれ。レーズンとクリームチーズのパン、カレーパン、アップルパイ。/[11]とても貴重な柑橘「はるみ」の自家製ジャムもあります。/[12]イートインできるのも嬉しい。コーヒー100円、アイスコーヒー180円。

毎朝、6時半からオープンする通称“地下パン”と呼ばれる『B-grotto』。雄三通りではコンビニ以外では最も早起きのお店でしょう。早朝から焼きたてのパンを販売するために、オーナーの石井幸男さんは深夜2時からパンを焼き始めるとか。お客様が増える土曜日や祝日には、さらに早く12時ごろからお仕事をスタート。そのおかげで焼きたてのパンが朝から食べられるのは、ほんとありがたい。店内には10席ほどのイートイン席もあるので、ここでパンを食べて出勤することも可能です。

2012年の開店以来、早朝から営業しているのは「朝食に焼きたてパンを食べてほしい」というオーナーさんのご希望とか。毎日70~80種類のパンを焼いているそうで、12時ごろにはほぼすべてのパンやサンドイッチ類が並びます。人気ベスト3は「レーズンとクリームチーズのパン」、「カレーパン」に「アップルパイ」。とくに「レーズンとクリームチーズ」はこちらの自信作。ぜひ食べてみてください。そのほかおススメは、フランス風オープンサンドのお惣菜パンのタルティ-ヌ各種、玄米のつぶつぶが生地に残るもっちり食感の玄米蒸しあんぱん、ポルトガルのデザート、エッグタルトなど。食パン系では予約でほぼ売り切れてしまうと言うチーズと胡椒のパンも気になっています。

オーナーの石井さんは葉山の『ボンジュール』で働いた後、神戸の有名店『ブランジェリー コムシノワ』の西川シェフの下で経験を積んだパン職人さん。その後独立し、こちらをオープンされました。お店も3年目になり、パンの種類も増え、茅ヶ崎の人気ブーランジュリーとして朝から夕方までにぎわっています。なお、月に一回、矢畑の『リベンデル』で開催される『リベンデルマーケット』(4月から毎月第一金曜日開催)でパンを出張販売されていますので、お近くの方はぜひのぞいてみてください。

心地良いインテリアに中でアーティスティックなコーヒーを。

Sept Café(セット・カフェ)

http://sept-cafe.com/
茅ヶ崎市東海岸南1-9-3
電話 0467-58-7313
営業時間 7:00-18:00
月曜、火曜日定休

茅ヶ崎駅南口から、まっすぐ海に向かう雄三通りから鉄砲道を渡った先にある『Sept Café』。朝7時からオープンしているカフェとして、広く知られています。店を切り盛りする伊豆山誠さんは、建築関係の仕事をされた後、飛騨で家具職人として修業をされ、さらに都内の有名コーヒー店『STREAMER COFFEE COMPANY』で、アジア人初のラテアートチャンピオン・澤田洋史さんのもとでコーヒーを学んだそうです。その二つのセンスがお店に反映され、トップクオリティのカフェであると同時に、家具のショールームとしての機能も兼ね備えているのが、こちらの店。まるでリビングとダイニングルームのようなしつらえのインテリアは、家のようで落ち着きます。使用されているソファやコーヒーテ-ブル、ダイニングテーブルやチェアなどは、全てオーダーが可能。木の種類桜やナラの木、チークなども5種類から選べます。

 

sept-cafe01
[1]SEPT CAFEの外観。/[2]コーヒーのお水をおいしくするイタリア製の浄水器。/[3][4]お店で使用している家具は全てオリジナル。注文できます。/[5][6]店主・伊豆山さんが仕上げるラテアート。カップも大きくて嬉しいサイズ。/[7]右・スモークターキーのトマトクリームパスタと左・生ハムとブルーチーズのクリームパスタ。/[8]ネパール風チキンカレー 850円。/[9][10]さくさくパリパリでおいしいパン屋さんのクッキー 250円。ギフトにもおすすめです。/[11]アイスカフェオレのWショットは、このジャー入り。暑くなったら飲みたい。/[12]ハワイ出身のジェニー先生の英語レッスンも開催されています。

そしてたっぷりのサイズで提供されるコーヒー、カフェラテやカプチーノ、エスプレッソなどは、どれもおいしい。エスプレッソマシンなど店で使う水は、エバーピュア浄水器で作るおいしいお水。コーヒー豆も『STREAMER COFFEE COMPANY』特製のロースタービーンズを使っています。コーヒーと一緒にいただける軽食メニューには、『B-grotto』のミートパイや、クロワッサンを使ったサンドイッチがあります。もっとしっかり食べたいときは、パスタやネパール風チキンカレーがおすすめ。このカレーは伊豆山さんと一緒に働いていたネパール人の方から受け継いだレシピで作っているとか。マイルドでとてもおいしいです。その他、デリバリーがメインの横浜のベーカリー『エッセン』特製、新食感クッキーもいただけます。

またコーヒー以外に、ハートランドの生ビールやコロナビール、各種ワインなどアルコールも揃っているので、昼下がりに一杯も楽しそう。なお、定期的に英語レッスンも開催されているほか、ときどきライブが催されることもあります。最新ニュースはFACEBOOKをチェックしてくださいね。

自家製サンドイッチとデザートも絶品な鉄砲道のビーンズショップ。

Wicked Coffee
(ウイキッド・コーヒー)

http://www.wickedcoffee.jp/
茅ヶ崎市東海岸北2-12-39
電話 090-9967-9010
営業時間 7:00~17:00
定休日なし ※臨時休業の場合は HPでお知らせ

 

Wicked-Coffee01
[1][2]Wicked COFFEEの外観。ドッグ用のリードフックもあります。/[3][4]お店はカウンター仕様。壁にはコーヒー産地『コーヒーベルト』のマップ。/[5]ひとつひとつの豆に詳細な説明があるので、いろいろ知りたくなります。/[6]ハンドドリップはKONO式とハリオの器具を使い分けます。/[7]家でお試しのみができる一回用豆のパック。

昨年7月に鉄砲道沿いにオープンした『Wicked Coffee』。オーナーの廣崎有美さんは、プロフェショナル心理カウンセラーとして活躍されていた方で、カウンセリングの研究をしている中で、コーヒーの香りがストレスに効果的、ということに興味がわき、コーヒーについて様々な角度から学んだそうです。コーヒ-の世界では有名なオーソリティ、堀口俊英さんの店『堀口珈琲』で技術をマスターし、生まれ育った茅ヶ崎でお店を開きました。メインは小田原の『amaze Coffee House(アメイズコーヒーハウス)』から仕入れるスペシャリティコーヒービーンズの販売ですが、カウンターでコーヒーも飲めます。世界中から選りすぐったローストビーンズに丁寧な説明書きが添えられているので、必ずお好みの豆が見つかるはず。自分では選べない、というときはお好みを伝えれば、廣崎さんがぴったりの豆をチョイスしてくれるはず。心理カウンセラーさんなので、「最近ちょっと疲れ気味で」と、今の気分や心理状態を伝えて、選んでいただくのもいいかもしれません。朝7時からおいしいコーヒーが飲めるのも嬉しいですね。

Wicked-Coffee02
[8]好みのコーヒーを伝えて廣崎さんに選んでもらったのは『ケニア キアニュAA』。/[9] クロワッサンも自家製です。塩麹チキングリルのサンドイッチ。500円。/[10]ホームメードスイーツ、『ぴんくのケーキ』。デザートは毎日変わります。/[11]いま焼きあがったばかりの『レモンメレンゲパイ』。

私が選んでもらったのは、ケニア産の「キアニュAA」。酸味もほどよく、いまの気分にピッタリのテイストでした。軽食メニューは日替わりのサンドイッチとケーキやパイなどのデザート。サンドイッチに使うクロワッサンも自家製ですし、デザートももちろんホームメイド。ほぼ毎日変わるので、今日は何がいただけるかというのも楽しみなのです。要予約で心理カウンセリングもしていただけるので、おいしいコーヒーとスイーツを食べながら、気軽に話を聞いていただくのもおすすめです。FACEBOOKでも、近隣のイベントへの参加や新メニューの紹介、臨時休業のお知らせもしています。

本格的なハンバーガーとTEX‐MEX料理に大満足のレストラン。

BY THE WAY
(バイザウェイ)

https://www.facebook.com/americandinerbytheway
茅ヶ崎市松が丘2-10-22
電話 0467-55-9441
営業時間 LUNCH10:00~15:00、DINNER17:00~23:00
水曜日定休

by-the-way01[1]BY THE WAYの雰囲気のある外観。/[2] 外からはシャッターで見えませんが、テーブル席のインテリアが素敵。/[3][4]オーナーご夫妻のセンスが溢れるインテリア。 /[5]おいしさの秘密?ケイジャンミックススパイスなど珍しい調味料。

アメリカ南部料理やメキシコ料理が大好きという、オーナーの石川誠・恵さん夫妻が、昨年7月にオープンしたレストラン『BY THE WAY』。私も最近ちょくちょくおじゃましているアメリカンダイナー風のお店です。メニューのメインは7~8種類のハンバーガーと3~4種類のアメリカンサンドイッチ。まだ全部は制覇していないのですが、どれも感動するほどおいしくてびっくり。開店にさきがけ、バーガーバンズは辻堂のベーカリー『Pourquoi?(プルクワ?)』さんにお願いし、専用バンズをずっと焼いてもらっているとか。サンドイッチンのパンも同じく『Pourquoi?』のチャバッタを使っています。店を開く前に、石川夫妻はアメリカ縦断食べ歩きをしたそうで、その際、いちばん楽しかったのがニューオーリンズ。南部料理独特の調味料、ケイジャンスパイスや乾燥した巨大な唐辛子などを買い求め、店のオリジナリティを追求しながら、メニューを作り上げていったそうです。バーガー類とサンドイッチがメインですが、そのほかの一品料理、「ファヒータ」や「フィッシュアンドチップス」、「カンボスープ」、「チキンコンフィとジャンバラヤ」なども、ぜひ食べていただきたい味です。都内のパティスリーやベーカリーで経験を積んだ、奥様の作るデザート類や、マフィンなどの焼き菓子、自家製グラノーラもおいしいですよ。グラノーラは、私も毎朝ヨーグルトと一緒に食べています。

by-the-way02
[6][7]オーナーの石川さんご夫妻。グラノーラ完成!ギフトにしても喜ばれるケーキやマドレーヌなど。/[8]アボカドバーガー1,350円。大きいです。/[9]カキフライを挟んだオイスターポーボーイサンドイッチ1,200円。/[10]メキシカンメニュー、ファヒータ1,500円。/[11]チリビーンズフライドポテト。/[12]ガンボ ジャスミンライス添え1,100円。/[13]キッズバーガープレート オレンジジュース付き700円。/[14]ホームメイドのマフィンやグラノーラ。お土産にぜひ。

石川夫妻は小さいお子様もいらっしゃるので、メニューにもキッズ用ハンバーガーがあり、お子様連れでも気兼ねなく入れるお店です。オープン当初は8時から営業されていたのですが、現在は10時オープンに変わっています。夜は23時まで開いているので、遅めのごはんもOK。店名はRed hot chill peppers の大ヒット曲『BY THE WAY』から。こちらのアメリカンミュージックのBGMもなかなか渋くて素敵なのです。

早起きして『MORNING MARKET』で朝ごはん&ショッピング!

WARUNG(ワルン) MORNING MARKET

http://warung-chigasaki.jimdo.com/
茅ヶ崎市幸町23ー8 ピア幸町
電話 0467-57-1311
MORNIHG MARKET 10:30〜14:00 次回開催は5月23日(土)
お店の営業は17:00〜midnight
火曜日定休

 

warung-morning-market
[1]WARUNGさん入口。/[2]〜[10]作家さんの作品や人気ショップのセレクト品や、おいしいものが並びます。個人のフリマもやっています。 /[11]珍しいカシューナッツのジュースを。朝だけどビールやホットワインなども飲めます。/[12]スタート早々、たくさんのお客様で賑わっていました。

茅ヶ崎南口の無国籍ダイニングバー『WARUNG』。お店の営業は夜ですが、週末の午前中に楽しいイベント『MORNING MARKET』を定期的に開催しています。主催は『WARUNG』さんと、鉄砲道の雑貨屋さん『★Lapis』さんのコラボレーション。個性豊かな出店者が揃い、そのほかフリマも同時開催。早起きして出かけると、嬉しい掘り出し物が見つかります。前回のマーケットにおじゃましてきました。写真はその時のものです。食べ物やドリンクもいろいろ出ますので、朝食がてら物色に行くのもいいかも。参加されたショップ、及び作家さんは以下の通りです。

☆Lapis (小物・雑貨・アクセサリー・オーガニックおやつ・wear)、Reef(デリ)、Wicked coffee(コーヒー・豆・手作りクロワッサン・マフィン)、ERI’s MARKET(ヘアゴム・wear)、SHUCO(ハンドメイドアクセサリー)、serendipity the garden(ハンドメイドアクセサリー)など。

次回開催予定は5月23日(土)。さらにパワーアップしたイベントになりそうです!詳細はFACEBOOKの告知をご覧くださいね。

 


詳細情報

この記事のレポーター

北條尚子

北條尚子

「湘南くいだおれー」(ブログ)を運営する、茅ヶ崎在住のフリーライター。個人のブログとしては、湘南地域の美味しいものに特化した先駆け的ブログ。ライターとしてのキャリアは25年、雑誌ananや、ぐるなびのWEBコンテンツでの執筆、シェフやミュージシャンへのインタビューにも定評があります。 湘南くいだおれー http://chigasaki.blog.jp


同じカテゴリの記事を見る

わいわい市
生産者直売所
情報募集中