旬そう菜 春きらり☆

温もりを感じるお惣菜屋

2013年5月にオープンした「旬そう菜 春きらり☆」。茅ヶ崎駅から海へと向かう雄三通りに面したクリーム色の外壁と白い螺旋階段が目印の明るい外観のお店です。店内に入ると正面には美味しそうなお惣菜の並ぶショーケース、左手には、揚げ物や煮物が盛られた大皿や鍋が置かれています。また、味わいある使い込まれたテーブルや家具が配されていて、何とも心地のいい空間になっています。
春きらり

「旬そう菜 春きらり☆」を営むのは春田重敏さん、亜希子さんご夫妻。ご夫妻には、2才になる息子さんがいるそうです。息子さんが生まれるまでは、お好み焼き屋さんを営んでいましたが、息子さんが生まれたことをきっかけに新たなライフスタイルを求め、このお店のカタチにたどり着いたとか。春きらり☆の歴史を更に辿ると、もともとは重敏さんがお好み焼き屋「はる」、亜希子さんが小料理屋「きらり☆」を小田原でそれぞれに営んでいたそうです。その2つのお店を結婚を機に1つにすることになり、茅ヶ崎へ移り住むことに。重敏さんのお友達が茅ヶ崎に住んでいたことから、時々遊びにくる機会があり”心地のいい場所”と感じていたそうで、移住は自然な流れだったようです。
お好み焼き屋と小料理屋の2つのお店の良いとこ取りをし、旬の地元食材をふんだんに使うことで、今の「旬そう菜 春きらり☆」ならではの味になっています。

真心食材と茅ヶ崎野菜

お店のお惣菜やお弁当に使われる野菜は、重敏さんのご両親が伊東で自然栽培した野菜と、茅ヶ崎の甘沼の無農薬栽培された野菜を主に使っているそうです。ご両親の畑はおじいさんの代から受け継がれた場所だとか。そこで朝収穫した野菜を宅配便で送ってもらい、夕方にはお店に届けられます。なんて便利な時代なんでしょうね!「特に筍の時期は朝取りが夕方手元に届くことが本当に嬉しいんです。」と亜希子さん。
そして、お米は小田原にある志村屋米穀店のコシヒカリを、十穀米は伊勢原産のものを使っているとのこと。そのお米で炊かれたごはんがお弁当やおにぎりになるんですね。

春きらり

できる限りの安心と心地良いおかず作りを目指して

「旬そう菜 春きらり☆」で使用される食材は、極力国産を使い、お惣菜には出汁が多様されています。要の”出汁”はご主人の担当。鰹節、煮干し、昆布で取られた出汁は琥珀色で美味しさが見た目からも伝わってきます。
お店に並べられるお惣菜は、毎日約20種類!春巻きやメンチカツ、自家製のジャム、味噌などなど。
開店時間からお昼時には、売り切れになってしまうこともしばしば。そのため、1日中作っては並べ、作っては並べの繰り返し。取材させていただいた時もテンポよく次々と新しいお惣菜が並べられていました。

春きらり

 ご近所さんを大切に

お客さんの多くはご近所の方のようで、お客さんとの何気ない会話や夕飯のおかず何にしよう・・・と迷っていると一緒に選んだりする光景は日常になっていて、すっかりこの場所に馴染んでいることが伺えます。近所の女の子が外から店内の時計で時間を確認しにきたり、”当たり前”のようにささっと2、3品買って帰る女性がいたり、ご夫婦の優しい笑顔と暖かみある振る舞いに自然と人が集まってくるのでしょう。
「旬そう菜 春きらり☆」は地元、国産食材を味わえる身体も心もほっこりする茅ヶ崎のお店です。

春きらり

 

<取材・文>
NAO:2013年生まれの女の子のママ。子どもが生まれてからの変化を楽しみつつ、今だから楽しめる茅ヶ崎を開拓中。取材を通じて、これまで知らなかった茅ヶ崎に出会うのが楽しみな茅ヶ崎生まれ、茅ヶ崎育ちの30代。


詳細情報

住所 〒〒253-0054 茅ヶ崎市東海岸南1−9-4
営業時間 【営業時間】11:00〜売り切れまで
【定休日】日曜日・祝日
電話番号 0467-57-3181
ホームページ・ブログなど

ホームページ
http://harukirari.com/

マップ読み込み中...
Google Mapで大きく表示する

同じカテゴリの記事を見る

わいわい市
生産者直売所
情報募集中