【おさんぽ茅ヶ崎】Vol.1 茅ヶ崎のイタリアをめぐる

おさんぽ茅ヶ崎タイトル

 

茅ヶ崎を含む湘南界隈を中心に、遠くは東京、栃木などの食農水産関連情報を魅力的に発信する「湘南くいだおれー」(ブログ)。この辺りでおいしいものが好きな人ならご存知のはず!

食べ物への愛、地元への愛をひしひしと感じるこのブログを運営するのは、茅ヶ崎在住のフリーライター、北條尚子さん。茅ヶ崎への愛がどんどん膨らんで、いよいよ「食と農のポータルサイト おいしい茅ヶ崎」でも自らの舌と足で収集した、とっておき情報を紹介してくれます!

自転車で市内を縦横無尽に走り回る北條さん。おすすめのスポットをつぎから次へ渡り歩きます。みなさんもぜひ、コースをたどってみてください!


北條尚子 プロフィール
icon
湘南くいだおれー」(ブログ)を運営する、茅ヶ崎在住のフリーライター。個人のブログとしては、湘南地域の美味しいものに特化した先駆け的ブログ。ライターとしてのキャリアは25年、雑誌ananや、ぐるなびのWEBコンテンツでの執筆、シェフやミュージシャンへのインタビューにも定評があります。

湘南くいだおれー http://chigasaki.blog.jp


 

ここでしか買えない珍しい野菜にエキサイトできる人気直売所。

伊右衛門農園

ホームページ http://nouka.tv/iemon
Facebook https://www.facebook.com/iemonnouen
茅ヶ崎市香川7-10-23
(相模線香川駅から徒歩7~8分・コミュニティバス36番香川北目の前)
9:30~売り切れまで。
定休日 金曜・土曜日 ※端境期は営業日が減ります。

iemon_img1
[1]直売所前の畑にはアスパラがにょっきり。

週1回のペースで通っている香川の『伊右衛門農園』。茅ヶ崎海辺の朝市でも長い行列ができるという農家さん。朝9時過ぎから色とりどりの野菜が軽トラックで運ばれ、直売所に並びます。一軒の農家さんにしては種類が豊富なので、今日はどんな野菜が登場するか毎回楽しみです。12年前にこの直売所を作ったときは、販売スペースはこの半分だったとか。それがどんどん野菜や果物の種類が増え、スペースを倍に広げたそうです。ときにはラディッキオやフェンネル、ルッコラやバジルなどの西洋野菜が出たり、ジャガイモだけでも8種類! も登場するので野菜好きにはたまりません。レストランのシェフたちも、こちらの野菜からメニューを考える方もいらっしゃるようです。

iemon_img2
[2]畑から野菜が並んで9時半から販売開始/[3]5月初旬の直売所野菜

5月のラインナップから、紅白の蕪や二十日大根、カラフルなズッキーニにスナップエンドウはリピート買いし、苺が出ていたら必ずゲット。伊右衛門さんの野菜はおいしい。濃厚な味があり、毎回食べるたびに感動します。種から出荷までを想像すると、どの野菜もたいへんな手間がかかっているはず。詳しくはわからないけど作り手の気合いと愛が詰まっているのだろう、と考えています。だからここの直売所通いがやめられません!ちなみに「伊右衛門」とは代々の当主が代々受け継いでいる名前とか。直売所を切り盛りするまだお若いのに“通称・伊右衛門さん”こと三橋清高さんは、将来22代目を継ぐ予定だそうです。

<今後の野菜の顔ぶれ>
・5月下旬~フェンネル・セルリー・サラダ大根-紫・中玉トマト・えだまめ
・6月中旬~空芯菜・シソ・バジル・オクラ・とうもろこし・きゅうり・インゲン
・6月下旬~なす・ピーマン・パプリカ・唐辛子類・かぼちゃ
・7月上旬~ごぼう・露地トマト
・7月下旬~ニガウリ・スイカ(タネナシ・大玉・小玉)
そのほか。じゃがいも(きたあかり・インカのめざめ・十勝こがね・シンシア・ジョアンナ・アローワ・ノーザンルビー・シャドークイン)・キャベツ・紫大根・オレンジ・ミニ白菜・ズッキーニなども。

 

茅ヶ崎の地の利をたっぷり味わえるイタリアンレストラン。

イタリアンレストラン パリエッタ

http://www.paglietta-salute.com/
茅ヶ崎市共恵1-5-24郷野ビル102(茅ヶ崎駅南口から徒歩3分)
電話・0467-67-8265 ※できれば予約を。
ランチ(平日) 12:00~14:00(L.O.)
ランチ(土日祝) 12:00~14:30(L.O.)
ディナー 18:00~21:00(L.O.)
定休日 月曜日(祝日の場合は火曜日)・その他月2回不定休。

paglietta1
[1]出口農園贅沢トマトの冷製スープとブラータチーズ/[2]サヨリのカルパッチョ/[3]伊右衛門農園花ズッキーニのフリット/[4]桜海老と焦がし小麦のストロッツァプレティー

一昨年のオープン以来、何度も通っているパリエッタ。パーティなどのギャザリングでもお世話になっています。また、伊右衛門農園や出口農園など、茅ヶ崎の生産者さんの新鮮野菜や、茅ヶ崎丸大魚市場の朝どれ魚など、地元の利を生かした茅ヶ崎ならではのお料理を出してくださるレストランなので、今回取材をお願いしました。シェフの石井さんは、以前は都内のイタリアンレストランでシェフを務められていましたが、湘南の豊かな食材に導かれて移住され、葉山と腰越のレストランで働かれた後独立し、パリエッタをオープンされた方なのです。その意気込みに満ちた地元の素材を巧みに使うお料理の一皿一皿にいつも感動させられます。

アラカルトの黒板には、いつも魅力的なメニューが並びますが、予算を決めてお任せすると、驚きも倍増! 今回は一人予算5000円で、コースを組んでいただきました。そのラインナップは・・・。

・湘南トマトの冷製スープ~出口農園の贅沢トマトとブッラータチーズ。
・サヨリのカルパッチョとピサンリ(タンポポの葉)、胡瓜のソース。
・花ズッキーニのフリット。
・桜海老と焦がし小麦のストロッツァプレティ(手打ちパスタ)
・甘鯛のウロコ焼き 伊右衛門農園の蕪と。
・熊本あか牛のビステッカ。
・苺のパルフェとルバーブのコンポート。

paglietta2
[5]甘鯛のウロコ焼、伊右衛門農園の蕪添え/[6]パリエッタ 看板/[7]熊本あか牛のビスティカ/[8]苺のパルフェとルヴァーブのコンポート

最初に出てきた冷製スープにまずびっくり。そのまま食べてもおいしい贅沢トマトのうまみを、さらにきゅっと凝縮し、とろんとフレッシュなブッラータチーズといただきます。イタリアから空輸される貴重なチーズに参りました。そのほか野性っぽい苦みのある葉っぱ、ピサンリや小麦を焦がしてから仕込むという手打ちショートパスタは初めて。こちらではイタリア食材のことも教えてもらえるので、それも楽しみの一つ。そして花ズッキーニや蕪、ドルチェに使った苺とルバーブは伊右衛門農園のものでした。季節ごとの食材を使いこなすお料理は、お店を訪れるたびにわくわくします!

鉄砲通りにオープンしたばかりのイタリア食品専門ショップ。

鉄砲道のイタリア食品店  Teppo(テッポ)

http://teppomichi.exblog.jp/
茅ヶ崎市松が丘2-8-42(バス停 松が丘二丁目下車すぐ)
電話:0467-33-5784
OPEN 10:00~19:30 定休日は不定休 6月は無休。

teppo_img1
[1]ショップ外観/[2]19か月の熟成プロシュートはその場でスライス

3月に鉄砲道にオープンしたTeppo。イタリアから輸入される食材を扱うフードセレクトショップ。店名は茅ヶ崎の人気ストリート、鉄砲通りにちなんでいます。茅ヶ崎にはこのスタイルのショップが無かったので、輸入食材マニアとしては、嬉しい限り。もともとはネットショップで食品を販売していらっしゃり、時々鎌倉で販売会をされていたので、私も1、2度伺ったことがありました。その時買ったオリーブオイルと、塩水漬けのグリーンオリーブがすごくおいしかったので、近くに実店舗ができて、ほんと便利。

店内には生ハムやサラミなどのシャルキュトリーやイタリアから空輸されたチーズなどのフレッシュな商品から、パスタにオイル、調味料などあらゆるイタリア食材が並んでいます。イタリアのヌテラもありましたよ。ひとつひとつ見ていると、何時間でもいられそうです(笑)。

店主さんは元イタリアンの料理人なので、バル的ないイートインスペースも併設され、軽食や飲み物もいただけました。メニューはこんな感じ。
・エスプレッソ・ブレンドコーヒー・カプチーノ・オリーブ茶・アイスピーチティー・アランチャータロッサ・・サルデーニャのミルトソーダ・自家製サングリア・イタリアビール各種など。
私 は冷たいドリンク、サルデーニャのミルトソーダを飲みました。初めて飲みましたけど、程よい酸味と甘みがおいしい。どこかコーラの味にも似ています。
teppo_img2
[3]私が買ったもの/[4]Teppo イートインコーナーでサルデニア島のフルーツ、ミルトのソーダ

またデリ&ドルチェの定番ものは、
・ラザニア(ボローニャ風)・茄子とポルチーニのラザニア・プリエーゼ(ブロッコリ・サルシッチャ)・フォカッチャ・パニーノ・ティラミスー・リコッタと胡桃のトルタ・山羊チーズケーキ・ピエモンテ風 ボネ・アフォガート・ミルクのジェラートなど。 このほか入れ替わりで違うメニューも登場するとか。買い物しながら軽食タイム、という使い方もできますね。

そして買ったものは。セール価格のオリーブオイルにものすごく香りが強いオレガノの束、オーガニックの大麦に水牛のモッツァレラチーズ。パルマのプロシュートは切り立ててです! 時々イタリアから空輸でレアなチーズなども入荷するので、お店のブログをまめにチェックですね。

海辺の町らしいリラックスムードが心地いいカフェ&ショップ。

44CAFE

http://44cafe.com/
茅ヶ崎市浜須賀4-4 (平和学園前バス停より徒歩1分)
電話:0467-88-4189
OPEN 木曜~土曜日 11:00~18:00(急なお休み有り。HPで確認してください)

44cafe_img1
[1]店内のいろんな場所に隠れています/[2]44カフェ サカモトキューコ展 展示の様子

“茅ヶ崎のイタリア”をめぐった後、ひと休みを兼ねてコーヒーブレイク。居心地のいいところに行きたいな~と思うと、すぐに頭に浮かぶのがここ、44CAFE。忙しくてなかなか行けなくなってしまったけど、いつ伺っても心地よく過ごせる場所です。5月は恒例の『サカモトキョーコ展』が開催中でした。ゴールデン明けに毎年欠かさず開かれる粘土フィギュアの展覧会。ファニーフェイスで、うっすら誰かに似ている気もするお人形たちが、お店の中のここにもあそこにもたくさんいます。毎年、サカモトさんがこの展覧会のために作るフィギュアも買うこともできるんですよ。私も不思議キャラのかわいい子を一つ買いました。小さいお人形、ペンギンさんカヌレの亀さん、ブロッコリー羊も販売中です。そのほか44CAFEセレクションの雑貨、食器やバッグ、布もの小物も素敵です。

そしてここはコーヒーがおいしい!ついついホットコーヒーを飲んでしまいますけど、オーガニックの紅茶、黒豆茶に各種ジュースもおいしいですよ。コーヒーに添えて下さったグラノーラも自家製。軽いクリスピーな食感があとを引くおいしさ。グラノーラは袋入りで販売しているので、おうちで朝食のヨーグルトにミックスして、いただきたいと思いました。
軽いお食事なら、天然酵母のワッフルやスコーン、もう少し食べたいときは天然酵母パンサンドがおススメ。そして最近玄米で食べる「かぼちゃとチキンのタイカレー」も始められたそうなので、早く食べてみたーーい。

※「サカモトキューコ展」は5月末で終了しましたが、一部の作品がお店で見られます、なお、10月には再びサカモトさんの新作販売とワークショップをこちらで行うことが決まったそうなので、ぜひお出かけください!
44cafe_img2
[3]コーヒーと自家製グラノーラ/[4]ペンギンなど小さい人形は持ちかえれます/[5]私が選んだ子はこの中のどこかに/[6]お店のなか


詳細情報

この記事のレポーター

北條尚子

北條尚子

「湘南くいだおれー」(ブログ)を運営する、茅ヶ崎在住のフリーライター。個人のブログとしては、湘南地域の美味しいものに特化した先駆け的ブログ。ライターとしてのキャリアは25年、雑誌ananや、ぐるなびのWEBコンテンツでの執筆、シェフやミュージシャンへのインタビューにも定評があります。 湘南くいだおれー http://chigasaki.blog.jp


同じカテゴリの記事を見る

わいわい市
生産者直売所
情報募集中