「伊右衛門農園」三橋清高さんが神奈川県優良認定農業者に認定されました!

神奈川県内で2,139経営体(個人・法人含む、平成25年3月末時点)が認定を受けている認定農業者の中から茅ヶ崎市内の農業者である三橋清高さん(伊右衛門農園)が神奈川県優良認定農業者に認定され、平成26年11月14日に神奈川県知事より表彰され、その功績が称えられました。

三橋さんは22代続く伊右衛門農園の代表として、多品目の露地野菜を生産しており、茅ヶ崎市の農産物品評会では、毎回入賞するなど、品質にも定評があります。
主に自宅前の直売所で販売をするほか、茅ヶ崎公園で毎週土曜日に行われている「海辺の朝市」にも参加されており、「茅ヶ崎海辺の朝市会」会長として会員をとりまとめ、地産地消の盛り上がりの一端を担ってくださっています。
その豊富な農業知識と柔軟なコミュニケーションでお客様との接点を大事するとともに、生産者として食べ方や農薬の話まで生産者に求められるニーズに誠実に応えるよう努力されています。
豊富な農業知識に、高品質な野菜、積極的なコミュニケーションなどにより、リピーターとなるお客様も多く、三橋さんの出店される場所には、常に長蛇の列ができ、野菜の味は折り紙つきです。
日ごろから、茅ヶ崎市のイベントや取材対応に積極的に応じていただいているほか、援農ボランティアの養成を目的とした市の農業研修講座の講師を、現在まで5年連続で務めていらっしゃいます。その他、新規就農希望者の研修を受け入れるなど、地域で果たす役割も大きく、こうした点を評価されて今回の受賞となりました。
人柄も温厚でユーモアがあり、「おいしい野菜を食卓に広め、あたたかい食事からあたたかい家庭へ、そしてあたたかい世界へ」を目標に農業を営まれる三橋さんの野菜を一度味わってみてはいかがでしょうか。

※認定農業者とは
経営規模の拡大や労働時間等の省力化等を行うことで自身の経営を改善しようと取り組む方で、自身が営農する市町村に改善計画が認定された農業者を言います。

※選考について
神奈川県及び農業関係団体等で構成される「神奈川県担い手育成総合支援協議会」により選考が行われました。


詳細情報

同じカテゴリの記事を見る

わいわい市
生産者直売所
情報募集中